Vivienne Westwood announced the “Red Carpet Capsule Collection” in British Embassy.

showlookエリザベス二世女王の公式誕生日と即位60周年を記念して、デヴィッド・ウォレン駐日英国大使が6月6日に、千代田区の駐日英国大使公邸で祝賀パーティーを開催した。英国を代表するブランド「Vivienne Westwood(ヴィヴィアン・ウエストウッド)」が世界に先駆けて、2013年春夏シーズンのクチュールドレスラインのランウェイショーを披露。また、2012年夏にイギリスに移住することを発表した布袋寅泰がサプライズゲストとして登場し、訪れた800名以上のゲストを沸かせた。エリザベス二世女王の公式誕生日と即位60周年のお祝いとともに開催された女王陛下の公式誕生日の祝賀パーティーでは、世界的なファッションデザイナーとしてファッション界での多大な貢献が讃えられ、Dame(ディム)の称号を与えられているデザイナーVivienne Westwood(ヴィヴィアンウエストウッド)が、クチュールドレスライン「Red Carpet Capsule Collection」の最新コレクションを世界初公開。華やかなドレス全25ルックを披露した。また、サプライズゲストとして登場したミュージシャンの布袋寅泰は、映画「KILL BILL」のテーマ曲「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY(バトル・ウィズアウト・オナー・オア・ヒューマニティー)」を演奏。英国に移住することを決めた理由を「14歳の頃からブリティッシュロックを愛しているんだ」と話し、迫力のあるギターサウンドを大使館中に響かせた。1

パーティーに合わせて、大使館の建物も特別に衣替え。英国政府が展開している「グレート・キャンペーン」のイメージが投影され、外観がライトアップされた。正面玄関では、ヴァージンアトランティック航空のキャビンクルーがゲストを出迎え、駐日英国大使公邸までに敷かれたレッドカーペットの脇には、「Bentley(ベントレー)」や「Rolls-Royce(ロールス・ロイス)」、「Jaguar(ジャガー)」、「Triumph(トライアンフ)」など、日本へ輸入している英国の自動車とバイクが集合。

「GLOBE-TROTTER(グローブ・トロッター)」や「Jo Malone(ジョーマローン)」など英国の製品がラインナップした庭では、皇太子一家が大好きだったというチョコレートビスケットや英国産チーズなど、英国のフードとドリンクが振る舞われ、英国づくしの一夜に会場は祝賀ムードに包まれたとの事。

コメントは受け付けていません。